忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/08    07≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

引き続いて某国ネタ。

某国のお土産として有名なお菓子に、ショートブレッドがあげられますよね。
実はわたし、あれあんまし好きじゃなかった…んですよね。
甘すぎるし、ちょっと粉っぽいし。
ところがところが、某都市でとってもかわいい手作りショートブレッド専門店を見つけまして、試しに買ってみたらいっぺんにファンになってしまったのです。
Pinnies and Poppy Seeds というお店。
サイトも見たらめっちゃかわいいな!そら某所でめっちゃ女子受けいいはずやわ!

ショートブレッド買うとこんな手作りテイストあふれる紙袋にいれてもらえます。

テンションあがるよねー。

んで、1枚が結構大きい。

ショートブレッドって、バターたっぷりなのもあって、一度に半分~一枚食べるのが限界。
でもおいしい…!ミルクティーをのみつつつまむのめっちゃ合う…!!
プレーン(左側)もおいしいのですが、ココナツ(右上)やチョコつき(右下)もおいしい!
このお店では、いろいろなショートブレッドが日替わりで売られているのですが、中でも看板にもなっているPoppyseedと、レモンをつかったショートブレッドが一番おいしい!と思いました。

こまかな黒いつぶつぶの見えている、上のほうのがそれです。

がつーんとあまいしバターたっぷりなので重いんですけど、それでもショートブレッドっておいしいんだなーということに気付かされました。
いやあ、まだまだ知らないことがたくさんあるなあ。


んでこんなことばっかり書いて、おまえはお茶を飲みに行ったのかとつっこまれそうですが、一応まあお茶はメインではありません。
ただ、お茶でも飲まないとつらいぐらいではあるんですよ。
あと、まだ公開できる話でもないので必然的にお茶ネタになるというか。
それにものを考えるときには、お茶とお菓子があるととっても助かりますからね!
No tea, no researchですよ。
…わたしにとっては。

いろいろありまして、某国の北の方の都市にちょっとだけ滞在。
となると、紅茶屋さんをチェックしないといけないですな!

というわけで行ってみた紅茶屋さんその1.
eteaket」というところ。
茶葉もいろいろ、ティーポットもかわいいドット柄のを販売しています。

とりあえずは一番スタンダードなものを…ということで、Breakfast blendをば。
箱もかわいい。


出先なのでちょっと楽をしようと、ティーバッグです。
お店にはティーバッグとリーフタイプと両方ありました。

ティーバッグ自体はこんなかんじ。

ピラミッド型ですね。
ティーバッグですが、茶葉の刻まれっぷりはやや粗め。


水色はこんなかんじ。


ちょっと濃い目かな?
でも朝食用に、たっぷりミルクいれてのむんだからこんなもんだよね!
味としてはまさにスタンダード。まさにブレックファスト系。とはいえ渋味は思ったよりもきつくないですね。ストレートでもいける。
でもせっかくだから、ミルクティーで飲みたいよねー。
ミルクティーにすれば、甘いお菓子はもちろん、塩味の朝ごはんにもしっかり合います。

またこのお店に行く機会があれば、他のお茶も試してみたいなあ。
ちょいと九州に行く用事があったんですが、今熊本の阿蘇ってかーなーりオシャレスポットになっているようですね。
いやふつうの観光コースはそうでもないのか?
なんか阿蘇にハーブ園みたいなのがあるらしい。
実際に見たわけじゃないんですけど、阿蘇産のハーブ専門店みたいなのがあって、いろんなハーブを阿蘇でつくってるということだったのでまあだいたいそんなかんじなんだろう。

というわけでハーブティー買ってみた。
レモンの香りがさっぱりして、胃腸にもやさしいというレモングラスを。

パッケはこんなかんじです。

ナチュラル系でかわいい。
中はふつうの袋なんで、開けたあとは瓶なり缶なりに詰め替えるけど。

中身はこんなかんじです。

……かなり……草です……
まあグラスっていうくらいなんだから草だよな。
にしても草だぜ。草度高いぜ。
うさぎの餌とか、あとは牛や馬にあげる牧草に見た目が似ている。
つまり草です。

で、お茶を淹れてみるとこんなかんじ。

淡いレモン色の水色。

香りは、そういわれればレモンかな…ってかんじ。
柑橘系のさわやかながらぐいぐいくる押しの強さはない。まあ草だし。
やはりちょっと青っぽいにおいもする。

飲むとやさしい味。かなりさっぱりする。
今日ちょっと調子悪いな……ってときに飲むとすごくリラックスできる。
いつもの紅茶とはちょっと毛色は違うけど、これはこれでなかなかよいものだ。


あ、あと、中身は100%レモングラスなので、お茶として飲むだけでなく料理にも使えるみたい。
イギリスでサーモンのレモングラスグリルを簡単に作れるパックが売ってて、それが結構おいしいんだけど(あの国はわりと素材や調味料は充実している)、これをつかえば日本でもおなじような料理が作れるかも。
まあサーモンにまぶすには細かく砕かないといけないだろうからまだやってないけど、いいレシピがひらめいたらやってみたいと思う。

とりあえずはお茶で飲む。
ちょっと疲れた夜なんかに飲むといいのですよ、これ。
ティーコジーを手に入れたこともあり、新しいお茶を探索していきたいと思います。
京都の伏見のへんに、「京都紅茶」のお店があるそうな。
(お茶はもらったものなので店には詳しくない)
まあ京都もお茶どころではあるし、日本のお茶を紅茶にするのも最近けっこう知られてきているから、あってもおかしくない、むしろあるべきだよね京都の紅茶!

もらったのは「和紅茶」なるもの。
こんなパッケージ。

和風でもあり、ティーカップなどの洋食器につかわれそうな意匠でもあり。

茶葉を出すとこんなかんじ。

日本の茶葉ってだいぶ撚りがかかってるイメージがあったけど、これはそうでもないね。
でもいわゆるゴールデンティップ?のようなものがあってよろしおすな(むりくりな京ことば)。

で、淹れてみるとこんなかんじ。

わりと水色はうすい。
味もおだやか。
がっつーんとカフェイン・タンニンがほしいときには物足りなくなりそうだけど、味がやわらかい分夜にまったり飲むこともできそう。
「和紅茶」を名乗るだけあって和菓子にも合う。
もちろん洋菓子でもいける。
フレッシュなくだものタルトとか、あっさりどうしの組み合わせがいいみたい、と個人的には思ってる。
いつも飲んでる紅茶とは路線がちょっと違うけど、こういうのもいいね!
うちのおかんはやたらめったら器用な人なのですが(そして残念なことにわたしに器用さは遺伝しなかった)、頼んだらティーコジーを作ってくれました。


これぜんぶおかんがオリジナルで考えて作ったんですよ。すごくね?という身内自慢。
ちゃんとあしのうらににくきゅうもある。
若干ふてぶてしいツラなのはご愛嬌だ。

何より、キルト生地なのでお茶がぜんぜんさめない。
ティーコジーまじべんり。
おかんというものはありがたいものです。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]