忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/04    03≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  ≫05
神戸の南京町にいったついでにジャスミン茶を買った。
ちょっとこってりめの中華を食べるときに、ジャスミン茶あるといいよね。

透明なパックに入っているので、葉っぱのようすが見て取れる。


淹れてみるとこんなかんじ。

味はまさしく中華料理屋さんのジャスミン茶。
ふわっとジャスミンの香りがして、口の中がさっぱりする。
それなりに渋みががっつりあるので、のんびり飲む人はさし湯推奨かな。
こういう王道なジャスミン茶で、まったり飲茶とかできたらいいよねえ。
前回に引き続き八女茶です。
ただし、紅茶。
最近は日本茶で作る紅茶って結構注目されているようですが(このめもぶろぐでも京都紅茶を紹介しました)、八女茶でも紅茶を作ってるんですねー。

パッケージはこんなかんじで

緑茶と同様レトロ感があって素敵。

今回のはティーバッグになっていて

こんなかんじでピラミッド型ティーバッグに茶葉が入っています。

淹れてみると、水色はこんなかんじ。

やはり日本茶の紅茶は水色が明るめ淡めですね。
こちらもストレート向きの、さっぱりした味わいです。
長く出すと渋みがかなり強くなってきますが、その場合でもミルクを入れるよりかはさし湯で楽しみたいかんじ。
これもやはり、果物のお菓子と相性がいいですね。
もちろん和菓子もいけると思います。
さらさらっと飲めてしまうので、ティーバッグがあっという間になくなってしまうのだけが玉に瑕ですな。
ゆえあってちょいと引っ越したため、京都のお茶屋さんに行きづらくなっていたところ、八女茶をもらいました。
ヒャッハー!ありがたいぜ!

パッケージはこんなかんじでレトロ感あります。


葉っぱはこんなかんじ。

ぱりっとしていていいねーいいねー。

淹れたかんじはこんなの。

緑茶のさわやかさをばっちり楽しむことができます。
苦みもあっさりめ。

…気づいたけど、ひょっとして我が家は苦みあっさりめでこくのあるタイプのお茶を愛飲する傾向にある…??
いやこれは要検証だな。もっといろんな種類のお茶をのんで確かめねばなるまい。
某北の都市の紅茶屋さん追加。
今回紹介するのはPekoe teaというお店(公式HPはこちら)。
公園の近くにある、小さなお店です。
扱っている茶葉は中国茶がけっこう多く、わたしが訪れたときはわりとオリエンタルな印象を受けました。中国茶の茶器とかも扱ってるみたいでしたし。ちょっと珍しい。
ただ急須とかは…自国でいくらでも買えるし…
まああの国オリエンタル趣味って定期的に流行るっぽいし。

わたしが買ったのはアッサム。
パッケージはこんなかんじです。


茶葉のほうはこんなかんじ。

シルバーチップ?のようなものがありますね。

淹れてみると、アッサムのわりには水色はそこまで濃くないかな?という気もします。

アッサムらしいこくはありますが、インド紅茶にある鋭い苦みやムジカのアッサムのような重たいパンチはそこまでないような。
ストレートでも十分楽しめますね。

でもやっぱりアッサムはミルクティーにしたい。

ミルクティーも、ムジカアッサムより色が淡い気がしますね。
シンプルな(イギリスでいうところの)ビスケットに合わせたいかんじ。

いやーやっぱり都市部はいろんな紅茶屋さんがあってたのしいなあ。

さて、紅茶話の前回は、ちいさいながらもすてきな紅茶屋さんを紹介したわけですが。
ぶっちゃけ、ああいうすてきな紅茶屋さんで買う紅茶というものは、ちょっと”いいもの”なわけで。

ふだんづかいで、もうどっぷりたくさん飲む用には、もっと安価でお手軽なお茶を買っておくというのも手です。
某なめくじ多発都市に住んでいたときは、Yorkshire Teaというのをよく買っていました。
まあこれはYorkshire言いながらも全国区なのかな…?一応。
CMがたまにカオス。
お味は、まあパンチはちょっと弱めかもしれないけど、それでも十分おいしいよ!
あとティーバッグが若干へちょい。
スーパーでお安く買えるんだからそんなもんだよね。
お安いのにたっぷり入ってるところがよい。

んで、某北の国(一応国扱いしてもいいはず)の首都では、Melroseというのがラインナップに入ってくるもよう。
スーパーで見かけて買ったのですが、

観光地パッケージなんてあるんですね。
いうなれば、金閣寺の写真が貼ってあるお煎茶パックみたいなものか。

封を開けると、こんなふうに。

2袋に分かれています。
袋あけちゃうともうティーバッグ出てきちゃうので、ティーバッグいれる容器は用意しておいた方がいいですね。

ティーバッグ自体はこんなかんじ。

丸型です。Whittardのティーバッグも丸型だったかな(過去めも参照)。
Twiningsの安いほうのティーバッグやYorkshire Teaのティーバッグは正方形にちかい四角(それもぺたんこ)で、2こつながってるのをミシン目で分離してつかうタイプだったことを考えると、Melroseのほうがいいかんじなんじゃ…って気がしますね。

水色はこんなかんじ。

Yorkshire Teaと同じく、紅茶屋さんのお茶ほどのパンチはないけどおいしく飲めます。
やや渋味があるタイプなのかな。パンチってほどじゃないけど渋味は感じられる。
やはりこれもミルクティー向けなかんじがします。
がっつり飲んで、がっつり働くためにはよいのかも。
…結果もがっつり出てくれるといいんだけどなあ。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
| HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]