忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/08    07≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

知覚分野の研究者に「contextual effectって言ったらvisual searchのアレ(www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9679076)に限定されるだろjk」みたいなこと言われたんだがそれって一般的なのだろうか?
でもこれcontextual cueingと名乗っててcontextual effectじゃーないよなー。
どっちかってーと前後の情報で文字や図形の見え(読み)が変わるってほーが一般的ではないだろうか。
実際英語ウィキペディアにのってる例(en.wikipedia.org/wiki/Context_effects)はそうだった。
ひょっとしてわたしは知覚の研究者と相性が悪いのだろーか。
とか無意味な一般化をしそうになったけど、仲のよい先輩で知覚分野のひとなんてざらにいるから、まあこれは個人的な問題なんだろう。

どーでもいいが、contextual effectが最大に活きる場のひとつは「お笑い」だと思う。
「ヒョギフ大統領のエヒフ」というネタは、前後なければわけわからんもんなー。
文脈を共有していることというのが前提及び最大の武器なわけだ。
いわゆる「一発芸」がサムかったり爆笑ものだったりするのがなぜかって、それはやっぱり「前提(=文脈)」の共有がないからなんじゃないか。
というわけでお笑い芸人の方はcontextual effectについて勉強したり考えてみたりしてはどうかな!
というぬる~い心理学アピールを思いついたんだがどうだろう。

ちなみに「ヒョギフ大統領のエヒフ」というのはラーメンズの古いネタです。
県名を合成していくやつ。

「兵庫」
「岐阜」
「ヒョギフ」
「ヒョギフ大統領」
で、別ネタ挟んで
「愛媛」
「岐阜」
「エヒフ」
「若鶏のエヒフ」
「ヒョギフ大統領のエヒフ」
となるんじゃなかったかな。
うろおぼえ。
どっちが片桐さんでどっちが小林さんかまではおぼえてないぜ!記憶力gdgdだぜ!

ラーメンズのおとぎ話がエスカレートしていくネタとかも結構好きだったのに、最近はそういうエンターテイメントからずいぶん遠ざかってる。
ちょっと侘しい。

この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]