忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/07    06≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

研究にとても重要な紅茶の話の基本第2弾。

冬にうれしいアレンジティー、チャイの作り方。

必要なもの。
茶葉。
水。
ぎうにう。
スパイス。
おさとう。
小鍋。
かきまぜスプーン(別に菜箸でも可)
茶漉し。

作り方。
1)ふつーに淹れるときの量の半分の水(1杯だけ飲むならカップ半分とか)を小鍋で沸かす。
2)お湯がぼこぼこ言ってきたら茶葉投入。
量としては例によってスプーン×人数+1。
ミルクティーだと濃いめが美味しいのでそこはお好みで加減を。
3)茶葉が焦げるぐらいぐつぐつ言っても気にせずに1分ほど待つ。
4)ぎうにうだばぁ。
えっちょっ多くね?というぐらい多めがうまし。
5)スパイスをてきとーにふりかける。
スパイスの中身は、シナモンとかナツメグとかバニラとかお好みで。
一番いいのは、チャイがおいしかったお店でチャイ用のスパイスを買うこと。
6)おさとうもだばぁ。
えっちょっ甘すぎね?というぐらい多めでうまし。
カロリー制限?そんなものは知らん。
はちみつでもおいしいよ。
7)スプーンでぐりぐりかきまわし、おさとうとかす。
そしてふつふつと煮えてくるのを待つ。
8)茶漉しで漉しながらマグにすきなだけぶちこむ。

冬の楽しみ。
からだがほこほこぬくまります。
インド人はこれを熱帯気候で飲むというからすごいよなあ。
でもからいものを食べたあとはたしかにこっくり煮込んだチャイのほうが舌にやさしい気がする。

結構ちゅんちゅんに熱くなるので、マグをあらかじめ温める必要あんまりない。
むしろ最初の一口はよほど慎重にやらないとやけどする。
ご注意を。


問題点。
研究室の冷蔵庫に牛乳を置くのは諸刃の剣ゆえあまり研究室ではミルクティーが楽しめない。
某所の大学院生部屋の冷蔵庫には、
「あなたの牛乳のことも、たまには思い出してあげてください」
というせつない貼り紙があった。

…「そのとき」を想像すると相当せつないですね。
てゆかおうちレベルでなら何回かやらかしたことがあります。
研究室レベルで放置となると、それはもう……さぞやおそろしいでしょう。

この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]