忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/12    11≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫01

__________
    <○√
     ∥ 
     くく
しまった!ここは糞めもだ!
オレが止めているうちにhttp://azcog.blog.shinobi.jp/Entry/502/へ逃げろ!
早く!早く!オレに構わず逃げろ!

ということで、「カバーレター」で検索してここに来たひとは、改定版(新しいめも)のご利用をお勧めします。
__________


以前カメラかばんについて検索していたときに、「完全にかっこいいカメラバッグ」という言い回しを見かけて、なんとなくそのフレーズが気に入っている。
どんな点から考えても「完全にかっこいい」、まさに完璧なかばんはないものか、と「カメラバッグ沼」の底で考えているひとたちがいるわけですよ。
まあそんなものがありえるわけはないのだけども、それでも「完全にかっこいい」かばんを求めてしまうのですね。
「現実に存在するはずもない完璧な理想のもの」を意味するという文脈で「完全にかっこいい」とつけると、なんかちょっとにやにやした気分になる。

んで、論文投稿する際に作るカバーレターを書いてたんだけど、「完全にかっこいい」カバーレターを求める気持ちがふつふつと湧いてきた。
でもそんなこと言ってたらいつまでたっても投稿できないので、さっき終わらせた。
とはいえ、これをたたき台にして次の論文を投稿するときに改善を加えていけば、「完全にかっこいい」カバーレターに近づくんじゃなかろーか。
え?前回のカバーレター?
あれはくろやぎさんが食べたよ。


と、いうわけで、カバーレターテンプレを作ろうとしたんだけど、よく考えたらAPAマニュアル写してる部分とかあるんだよなー。
そこを書いちゃうとまずい気がするので、だいたいの流れをテンプレにしよう。

そもそもAPAマニュアルのカバーレター例が「完全にかっこいい」ものなら苦労しなくてすんだのに。
カバーレターとか見たことも食べたこともなかった前回とか本当に苦労した、というか前回はそもそもカバーレターの存在すら知らなかったから途中で大慌てした。
APAのを元に、
www.thinkscience.co.jp/pdf/Ten_tips_for_writing_an_effective_cover_letter_Japanese.pdf
なんかを参考にして(↑pdf注意)、心理学論文における「完全にかっこいい」カバーレターをめざす。




というわけで以下たたき台。

-------------------
{Cheif editorかEditorial officeか誰か、Editorの中で一番偉いっぽいひとの名前}
Editor, 【ジャーナルの名前】

Dear【敬称つきでEditorに呼びかけ】


We are very grateful to submit our manuscript entitled 【タイトル】 by 【名前】 to 【雑誌名】
(ここで名前をいれるべき、という意見と名前をいれないべき、というの2通り見かけた。
どっちがいいのかはまたどっかから情報をもらってから判断しよう)
{APAマニュアルの、データの一部を学会発表したって節}Otherwise, no portion of the paper has been published, and the manuscript is not under consideration of any other journals.

{APAマニュアルの、倫理規定だいじょうぶですよとか著者順これで同意取れてますよとかの節}
{著作権譲渡に応じる旨}
{ペーパーチャージもちゃんと払いますよって旨}

Our study provides 【この研究のすごいところを背景もなしに(?)2、3文で言う】
またはThe article demonstrates【この研究の主な知見を背景もなしに(?)2、3文で言う】

Thank you for consideration the paper for publication in【雑誌名】


Sincerely yours,

【自分の名前】
【所属機関】
【所属機関の住所】
【電話番号】
【メールアドレス】

-------------------

たぶんだいたいこんなかんじ?
あと形式をどうにかしたりしなかったり。
あ、グラント的な何かってカバーレターに書くんだっけ。どうだっけ。

「論文の書き方」みたいな本見ても、たいてい「原稿を郵送するには」みたいな話で、オンライン投稿にふさわしいカバーレターの書き方ってあんま載ってない(APAマニュアルにもないし。アクセプト後の原稿送付にメールをつかうこともある程度のことは書いてあるけど)。
だから本当のこと言うとこの方向性が「あってる」のかどうかすら正直わからん。
でも強化学習でより「あってる」方向に舵取りしたいのであえて公開。
めざせ「完全にかっこいい」カバーレター。

あとカバーレターだけじゃなくて、英文メールとか英文手紙とかでは、なるべくI am(we are) grateful...とかThank you for...とかのすげー丁寧な物腰を心がけろっていう話を聞いたことがあるから、なるべくそれっぽくしてみた。
日本語の「よろしくお願いうんちゃらかんちゃら」は、英語で言うならThank you for...(in advanceがつく場合もある)っぽいし。
そのへんのていねいな物腰は、おそらくこの後にくるReviewerのつっこみをいかにやわからく受け流す(流すな。受け止めろ)かにも関係してくると思う。
のでひたすらていねい物腰の英語を考える練習はなるべくたくさんしたほうがいいのかもしれん。
たぶん。


なにはともあれ、今回の論文がしろやぎさんにたべられませんように。


無題
論文投稿したんかな?お疲れ様です。
ところで、たたき台だからいいんだけど、ところどころ英語が変なような気が...
by hrs 2010/12/08(Wed)22:21:41 編集
Re:無題
おひさしぶりです。コメントのかぶったところは直しました。

論文投稿したあとのふぬけたあたまでてきとーにまとめたので、今見直すとところどころ文法ミスってるところありますね。ご指摘ありがとうございます。
折みてちょこちょこ直していきます。
なんせもう1つのほうでかなりせっつかれている状態ですので・・・
2010/12/09 17:34
無題
ごめんなさい。削除しといてください。
by hrs 2010/12/09(Thu)01:11:53 編集
この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]