忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/05    04≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫06
そいや飛行機ん中でティム・バートンの『Big Fish』みたわ。



公開当時は「ティム・バートンご乱心」みたいな扱いされててスルーしてたんだけど、かまえを解いて見てみたら単純に面白かった。
まあベースがいわゆる「感動もの」にされてるからそこはたしかにご乱心と言われても致し方ない。

しかしメインは王道フリークもの。
そして虚実皮膜入り乱れ系。
はい、好物です。とても。

虚実皮膜の混じりっぷりがとても楽しいので、そういうのが好きなわたしやわたしの弟にはとてもおすすめな映画でした。
感動もの親子モノガタリはあくまでおまけ。
語られるモノガタリと紡がれるモノガタリが絡み合って分離不可なところまで来て「あれ、どこからどこまでが劇中モノガタリ?」とあやめもわかたぬ混沌に陥るのが心地よい。

そしてメインはフリークもの・サーカス的空間ですよ。
けばけばしい色彩と暗い明りと、名状しがたい目。
こういうのを描くとなったらやっぱりティム・バートン独壇場か。
しかしブラッドベリやスタージョンに出てくるようなアメリカのサーカスってなんなんだ本当にもう。
日本の見世物小屋とは違うのか。
独特の文化、独特の社会、独特の空気。
そしてブラッドベリのように熱狂的にそれを愛するひとがいる。
いったいなんなんだあれは。
そんなにアメリカのサーカスは蟲惑的な空間なのか。
それとも、サーカス的空間を崇め讃える文化があるのか。
謎だ。

これはぜひ、いつかそのものを体験してみないとなるまい。
しかし日本のTVで宣伝されてるような大きいサーカスじゃなくって、フリークもののあるこじんまりサーカスって現存してるんだろうか?
日本の見世物小屋もほぼなくなっているようだし。
あ、学部のころに「大阪には現役の蛇女さんがいらっしゃる」ということを大阪っ娘から聞いたことあるなあ。
ブラッドベリの愛する「ハロウィン的なもの」ってどんどん世の中から消えていってるのかしら。
ファンとしては侘しいね。

この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]