忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/09    08≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  ≫10
学会話の続き。
(かんじんの学会本体の話どこいったw)

国際学会行くときって、移動がめんどう!ってのはまあよく聞く愚痴だと思います。
われわれお金ない若手は当然エコノミー組なので、座席も狭いし。
飛行機の中は乾燥するし。
んでも、わたしは映画をすきなだけだらだら見られるのが結構うれしかったりする。
見ようかなーと思って見逃していた映画や、日本で公開してない映画や番組も見られちゃうし。
画面小さいじゃん!って言う人もおられるかと思いますが、小さいころからちっちゃい本だけでファンタジー世界に没頭する訓練を積んできた身としてはどうってことないんだぜ。
というわけで、飛行機映画いくつか感想まとめ。
もちろんSF&幻想セレクションだぜ!

★ひつじのショーン~バックトゥーザホーム
公式リンク
本当相変わらず相変わらずだな!(意味不明な褒め言葉)
ひつじのショーンに関しては、実はウォレスとグルミットのほうが好きだな…(特に月に行く話)と思っていたんですが、でもやっぱひつじのもこもこっぷりラブなのと、今回の映画のドタバタっぷり楽しんで甲乙つけがたくなってまいりました。
まあトレイラー見たらだいたいのことはわかるのでネタバレもあんまし気にしないことにしますが、ひつじたちが人間のふりをするところはわたしのツボにきました。むちゃくちゃすぎるだろあれ。
今回はおやくそくの「頭を打って記憶喪失、もう一度打って記憶を取り戻す」って型なんですが、これって元ネタなんなんでしょうね。
よく考えたら、頭を打って記憶喪失はありうるけど(外傷性の逆行性健忘ってことでしょ)、もう一度打って健忘がなおるってどういうことなんだろ???
単に時間経過で健忘の範囲が縮んでって消失したってだけじゃないのか?
このへんはSF的考察が必要だと思う。機会があったらする。
あと犬の話な……本当にな……!!!
『いぬのえいが』とか、犬と人との交流ってなんでこう涙腺殴ってくるんだろうな。
クレイアニメは手間がかかる分ハズレがないなーと思ったり。

★パディントン
公式リンク
2016年になって日本でも公開されるそうな。
こんな全年齢で楽しい映画日本でもやれよって思ってたのでよかったよかった…のかな?
吹き替え?そんなものは知らん。
だいたい日本では「紳士なクマ」とか言ってるけどパディントンが本当に紳士だと思ってるのか?原作読まなかったのか?
まあでもサーこそないもののミスター・ビーンも紳士っちゃ紳士なのか…いやしかし……うーん。
「イギリス=紳士」というイメージよりも、むしろ「イギリス=博物学大好き」のイメージでみた方が楽しめると思います。
本当博物館だらけだしよう。たのしいよう。
SFポイントとしては、クマにも文法のような抽象的法則を理解しつかいこなす認知能力があるというところですな。
いやクマの認知能力がどれくらいか、っていうのは研究も少ないし難しいところだと思うんだけど。
クマに「文明」は可能か?
これも考察の余地があるな。
後半のはらはら展開はまあおやくそくとして必要なところだと思いますが、やはり出色はトレイラーにも出てくる例の濡れ場(語弊のある言い方)。
なんでそうなるんだよー!って脳内で絶叫突っ込み入れながら見てしまう。
このエスカレートのえぐさはブリティッシュコメディだなーと思う。
あと、パディントンを受け入れてくれるおうちのおかんを演じている人が、すごく日本の女優さんの誰かに似ている気がするのだがちっとも誰だか思い出せない。
ひょっとして女優さんじゃなくて知人の誰かなのか。そこすらあやふやだけど、すごーくよく似た顔の日本人女性を見たことある気がするんだ…誰だろう。
もしこれを読んでぴんときた方がいらっしゃったらぜひ教えてください。
まあわたしの顔認知は16×16ピクセルの解像度だ、と揶揄されるくらいに大局的なので、本当に他者から同意を得られるほどの類似があるのかはちょっと自信ない。
でもすごく見覚えのあるかんじがするのになー……

★インターステラ―
公式リンク
SFポイントどころかSFど真ん中の名作。
でも『ゼロ・グラヴィティ』よりも人間主義的なかんじがあるので、SFにドライさを求めるタイプの人はお好きじゃないかも。
……わたしはどうだったかって?
『木でできた海』を偏愛してるんですよ?涙腺も心臓も脳みそも殴られっぱなしえぐられっぱなしでしたよ!
(『木でできた海』の過去めもはこちら
過去めもでわたしは『木でできた海』を「愛の物語」と評したが、『インターステラ―』
もまた形式や酒類は違えど愛の物語といえる。
おまえよお……こういうよお……(ことばにならない)
『インターステラ―』では、時間そして空間が絶望的なまでの距離で、もう絶望的に大きすぎてもはや壁になるような距離で、隔てるんですよ。
でもそこで(自主規制)
いやまあ正直、ご都合じゃねえの!?って思いましたけど。
ただ自分の望むような「ご都合」を作り出していくことも意志だよなあ、と思ったり。
意志がなければご都合もなにもない。
意志がすべてを生んだのだ。
まあでもこういう話になると「果たしてそれは自由意志と呼べるのか」って問題が出てくるんですけども、自由意志に関してのわたしの態度はずっと「定義問題解決しろや」のままですんで、やはり「これも意志と言える」のスタンスはぶれません。
あとなー!利己と利他のなー!対立というか選択というかなー!
これ宇宙SFとみせかけてバリバリ心理SFなのかもしれないな。
宇宙SFポイントであるところの、時間と空間に関しては、もうちょいじっくり考えたいところ。
どっかでDVDが安くなってたら買ってもいいかな、と思っている。


あとなんかカウボーイが恐竜と戦うとかそんなかんじの映画も見たような記憶があるのだが、内容に関しては本当にその一言で片付くくらいうすーい映画で途中寝落ちしたような気もする。
恐竜が出るくらいだしSFポイント高いと思うのだがおもしろくなかった&記憶に残らなかったということで残念認定としとくには取り上げない。

それと、『イミテーション・ゲーム』のDVDが7ポンドで買えたので、今度時間のあるときにじっくり見る予定。


いやーやっぱりSFマインドのある映画っていいよねー!!
この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]