忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/07    06≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

わたしも紅茶ばかりをのんでいるわけでもなく、ごはんのときやおやつが和菓子のときには当然お煎茶をのむのですが。
こないだお煎茶をきらしてしまいました。
いつもは某お茶どころの近所に行った際に購入しているのですが、しばらく行く予定はないし。

しかし、このへんもお茶どころの近所といえなくもないし、むしろお茶は有名なはず。
というわけで、街中をうろうろしてお茶屋さん(この表記ってなんか語弊があるよね)を見つけてきました。
なんか老舗らしい。
わたしは寡聞にしてあまり存じませんでしたが、茶道を習っている方にはかなり有名なお店だそうで。

そんな老舗に、あまりおかねもってなさそうな若輩者(お茶屋さんだから、相対的にね)がひょっと入ってきても、お店の方は親切に対応してくださいました。
「おうちでのむお煎茶がほしい」という要望を伝えたところ、おすすめされたのがこれ。


こちらはしろうとですので、プロの助言を信じて購入しました。

茶葉はこのようにぴんとしていて、いかにもうまそうなお茶です。
(茶葉がしっかりぴんとしているお茶はいいお茶だという話をどっかで聞いた)


さっそく淹れてみます。
お煎茶なので、急須(うちはティーポットを流用していますが…)に入れたお湯を一度お湯呑に移し、急須に茶葉を入れて、お湯呑のお湯を急須に戻す方式。
紅茶よりお煎茶のが適切なお湯の温度が低いらしい。

いかにも「お茶!」という色合い。


のんでみて、しみじみ「ああ、お茶だなあ」と感じられることうけあい。
昔、お茶農家の子に「おうちのお茶ってどんなかんじ?」って聞いたら「お茶の味」と答えられたことを思い出した。
おいしいお茶は、ただしみじみと「お茶の味」が楽しめるものらしい。
まさにそんなかんじのお茶。
こういう茶葉がおうちにあると、なんだが頼もしい。
しっかり「生活」をしている気分になる。
(忙しい時期とかけっこう家事をほったらかすからな…)
お茶だいじ。
この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]