忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2018/07    06≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫08
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回のめもで、ずーしーほっきー山椒魚に知性があったらSFの話をしていましたが。
両生類どころか、魚類だってなかなか捨てたもんじゃありませんぜという研究が発表されていたようす。
大阪市立大学の発表はこちら

統廃合うんぬんの話のある機関ですので、情報迷子にならないように概要をめもっておこう。
Frontiers in Ecology and Evolution誌に、幸田正典(こうだ まさのり)教授らのグループが、魚類でもいわゆる三段論法な推論ができるという研究を発表したそうな。
オンラインジャーナルなのでここから本文にアクセス可能。


三段論法の何がすごいかというと、いわゆる直接的な連合学習では"ない"というところですよね。
「AならばB」、「BならばC」という前提から「AならばC」という結論(行動)を導き出すわけですが、AとCを直接比較したり結びつけたりはしておらず、前提どうしの関係を考えられないと結論は導き出せない。ここがポイントになるわけです。
だいたい非霊長類が一見ちょっとかしこそーな行動をとったところでよく出てくるのは「それって連合学習で説明できるんじゃないの?」という批判ですからね(明確なソースはなくちっぽけな経験談ですが)。
連合学習で説明できないようなことを非霊長類、それも非哺乳類・非鳥類がやってしまうというところがインパクトあります。

さらに、動物がどれくらいかしこいのかを見積もる指標の一つとして、「脳化指数」ってのがありますよね(Wikipediaリンクこちら)。
まああれさんざっぱらあてにならない言われてますけど、それでも一応めやすとしてまだつかう人もそれなりにいるらしいんですね。
んで、魚類はやっぱり脳化指数低そうなんですが(種類違うけどとりあえず検索して出てきた日本語論文→Jstageへのリンク)、それでも三段論法ぐらいはできてしまう、と。
やっぱ脳化指数あんまりめやすにならんなー。

あとまあこの先の議論としては、三段論法を検討した課題内容がわりと社会的なものなので、1)社会性のある魚類なら同様のことが可能なのか、2)この種であっても、非社会的な内容の三段論法は可能なのか、3)社会性のない魚類には三段論法はできないのか、というような点について考えていかないとなー。
まあそのへんは魚類研究者のひとががんばってくれるにちがいない。

まーわりとヒトが社会的な生き物なせいで、わりと知性的な行動と社会的な行動を絡めて考える研究が多いっぽい(私見)んですが、本来ならば知性と社会性って別物なはずなんですよねー。
ヒトの尺度ではうまくすくいとれないけど、社会性低くて知性の高い種がいてもふしぎはない。
そういうところをうまくすくいとれるように考えるのが、実験心理屋さんのすごいところだと思うんだけどなー。誰かやんないかなー(他人任せ←まあわたし比較心理の経験ないし…)。

こういったことまるまる含め、ヒトと他種の比較含め、「じゃあ知性って何よ?」という議論が、再びアツくなったりしないかなー。
したところでわたしが口をはさめる可能性は低いかもしれませんが、それでも面白いからぜひ議論再燃してくれ、と思います。
(実行機能系の話になったらワンチャンある?しかしヒト以外の種の実行機能ってどうやって測定するんだろ。今度しらべてみよ)
いやーやっぱ実験心理のフレームワークおもろいわ。

そういえばこのネタをひろうのを忘れていた。
チンパンジーもおさけをのむという霊研の研究が発表されていたというネタを。
(霊研のプレスリリースはここで、京大のはここ

いやあこういうフィールドワークネタすきなんですよ。
なんせ自分がフィールドワークしない人なので。
でも話をきくのすげーおもしろい。

フィールドワークで確認されたことは、ヤシの樹液が発酵してアルコールが生じたものをチンパンジーが摂取している姿。
彼らが酩酊状態にあるかどうか、すなわちよっぱらいであるかどうかはわからない、と。

でもこれヒトでもたいがい難しいよね!
いやへべれけになってて明らかにだめになってるやつとか、もう呼気からアルコールが検出できるとか、そういうのは一応観察できるけど。
多少のほろよい程度って、どうやってよっぱらいかどうかを定義するのだろう。
生理的指標?行動的指標?

それに、「集団でのんでた」ってとこもポイントだよなあ。
単に高カロリーなものに複数個体がたかってただけかもしれんが。
ヒトのように、おさけで何らかのコミュニケーションをとっている可能性もないとはいえない。
社会的関係が、おさけで変わることだってありえるかも…?

いやあ、よっぱらいって、実は認知的にはとっても高度なことをやってるんですねー。
ふと、三宅なほみ先生がなくなられたことを耳にした。
ウィキペディアにも反映されてる→ここ

びっくりした。
それはもう、すーっごくびっくりした。

自分が話を聞いたことのある先生がなくなるなんて。
そんなことがもう、起こってしまうなんて。

そんなことは、もっともっと先のことだと思っていた。
そんなことは、もっともっと年寄(失礼)のすっごくえらい先生に起こることだと思っていた。
まさかそんな、あんな若々しくて学生にも気さくに話しかけてくださる先生に起こるなんて。
それはもう、本当にびっくりした。

先生のご冥福をお祈りいたします。
ナショジオで面白い特集をやっていた。
まとめこちら

なんと、イルカに言語をつかわせようとしている研究者がいるのだそうな。
おもしろがりはするものの、なんだかんだいって比較認知は専門外だからさっぱり知らなかったよ……

まあこのへんのややこしいことをヒト以外の種(特に霊長類)にやらせようとすると、「それは単なる対連合学習ではないのか」という批判が常につきまとうもんなんですが、ヒト乳児~幼児も(あるいは学習初期の児童・成人だって)最初のうちは対連合学習からスタートするはずなんですよね。
そこから、どれくらい抽象度を高めていけるか、が問題なはず。
言語というのはもともと恣意的な音もしくは記号の並びで、しかも連合されるべき対象は確固たる一物体ではなく漠然とした意味カテゴリ。
抽象度でいえば抜群に高い。
その前の段階、意味カテゴリですらどの種で可能でどの種ではできないのかすらまだよくわからんというのに。
イルカはどこまで抽象度を高めることができるのだろうか。

第3回を読むと、三段論法的な連合は可能なようす。
第4回を読むと、カテゴリ的な連合もできる……のかな?ちょっとよくわからない。
「動詞」をつかわせる試みをしているそうなので、まあ意味カテゴリ的な理解&使用を目指しているのは確かだろう。「行為」は常に1回限りであり、文脈もまたその時々によって違うのに、それを1つの単語でまとめようというのが動詞だから、抽象度は(比較認知的には)高いほうだろう。
模倣的な話もあるけどそっち方面には実はあんましわくわくしなかった。
やっぱり認知を考えるうえではカテゴリ認知は避けて通れないぜ!と思ってるからか。

あと、「イルカ」って種を選んだのもおもしろいよなあ。
まあ「イルカがせめてきたぞー(画像省略)」みたいなネタ方面もちょっとはあるんですが、やっぱ抽象度の高い認知って霊長類がメインって雰囲気ありますからね。
霊長類どころかサルですらない。
まあそれ言っちゃうと鳥類のかしこいやつ(とくにカラスとか)だってそうなんですけど。
霊長類って霊長じゃないかもなー、って言われてもしかたない(でもそれは言い過ぎって言われてもしかたない)。

それと、やっぱりもともとの生活様式というか身体構造というか、そういうハードウェア的側面は無視できないなあ、と。
ヒトじゃない霊長類ってあんまり音声コミュニケーション豊かじゃないっぽいし、そういう咽喉してないっぽいので、音声言語という面では不利だろう。
イルカはエコロケーションするし音声コミュニケーション豊かっぽい?(詳しくは知らん)ので、音声言語学習では有利なのかも。

でもそういうこと考えると、音声とかヒトにとってわかりやすいモダリティ以外の方法で抽象的な認知やコミュニケーションを行ってる種もひょっとしたらいるんじゃないかな……ってなかんじで妄想ひろがりまくりですよ。
最早、ヒトの説明に「言語をつかう唯一の種」って言い回しは使えないんじゃないかと(←先走りすぎ)。
とはいっても、これほど多様に扱えるのはやはりヒトだけなんだろうけど。
このへんは道具使用が通ってきた道だな。

うむ。今後が楽しみ。
あとやっぱ、こういうかんじの話も一度ゆっくり考えてみたいと思ってる。

こないだ見つけて非常に気になった論文貼る。
Short-Term Memory Affects Color Perception in Context
あんまり詳しく読めてないんですが、特定の文脈での色知覚に対する色記憶がどう影響してくるかというお話。
いやまあ論文自体もなかなか面白いと思うんですが、それ以上に気になったのはPLOS ONEが作ってるSubject Areasの項目。
 Memory
 Psychophysics
 Sensory perception
 Color vision
とかはいいんですよ。至極まっとうだし、こういう領域の研究者ならこの論文たしかに興味持てると思う。

問題はその次。
 Tomatoes
っておまえー!
いやたしかにアブストで「買い物するときに熟したトマトと未熟なトマトを見分ける」みたいな例引いてるけど!
トマト画像実験につかってるけど!
これトマトの研究っていっちゃうのちがうやろー!!

ってものっそい画面に向かってつっこんでしまったんですけどこれどうなんですかね。
PLOSさんとこのSubject Areasって投稿者自身が設定するものなんでしょうか。それともPLOS側が設定しているのでしょうか。
筆者のおちゃめなボケなのか、タグとか自動生成しちゃう系自動設定のたまものなのか。
PLOS系に投稿したことないんでわからないのですが、若干気になります。


あとやっぱり、記憶を抜きにしてわれわれの行動(知覚もね)を語ることってできないよねー。とは思った。
こういう方向の研究好きなんですよ。
すべては記憶。記憶なのだ(ふろしき広げすぎ)。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[01/20 NONAME]
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]