忍者ブログ

めもめも ...〆(。_。)

認知心理学・認知神経科学とかいろいろなはなし。 あるいは科学と空想科学の狭間で微睡む。

2017/10    09≪ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  ≫11
学会行ってそのあとぐだぐだしてお盆時期に本読むぐらいしかしてなくて、その後かぜひいてで、今月はろくに更新もせず。
それじゃあまずかろうということでちょっと時空を歪めて本ネタを繰り広げることにします。

まずはお約束通り、ブラッドベリ追悼。

レイ・ブラッドベリ『刺青の男』


これ刺青の男の設定いらなくね?
と思ってしまうぐらいブラッドベリ通常運転の短編集。
「ゼロ・アワー」なんかは『メランコリイの妙薬』にも収録されてたね。
まあブラッドベリの短編集で収録かぶりを指摘しだすときりがないのだけども。
「狐と森」も別の短編集にあった気がする(ちょっと忘れた)が、何回読んでもやるせねえー。
ブラッドベリの描くメキシコって本当に魅惑的なリゾートだよな。
暑くてけだるげで死の気配が漂ってて。
行ったことないんで実際のところはしらんけども。
あとブラッドベリの描くアメリカの古い田舎もね。
行ける場所じゃないけど火星の古い都も。
「コンクリート・ミキサー」のやるせなさと言ったら。
ひきこもりが正当化できるレベル。

あと、この短編集の中では、宇宙空間でしぬ宇宙飛行士の話「万華鏡」「日付のない夜と朝」になぜか心惹かれてしまった。
徐々にちぎられていく身体とか怖ぇー。
ロケットの中では正常に働いていたのに、ぽろぽろとしんでいく脳細胞怖ぇー。
「見えないものはない」とか怖ぇー。
宇宙こわい。超こわい。
でもその「こわい」がきれいなのもブラッドベリならでは。
惜しい巨星が堕ちたものだ。

でもきっと、ブラッドベリだからどこかの星の古い都に、シェイクスピアやポオたちとひっそり暮らしてるんだよ。
これにも収録されてる「亡命者たち」みたいに。
読者が本をだいじにしている限り、その都は滅びないんだよ。
だからわたしは、科学の子でありながら、心のなかに魔女や幽霊のすむ屋敷をとっておくんだ。
心のなかはなんでもあり空間だからね!
・・・現実に持ち込むのは願い下げだが。
この記事にコメントする
              
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
カラー
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
非公開 管理人のみ閲覧できます
パスワード   
* コメントの編集にはパスワードが必要です
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ説明
もっさり:日々の雑感をもっさり。
がっつり:論文や研究関連をがっつり。
びっくり:科学ニュースでびっくり。
まったり:空想科学などでまったり。
ばっかり:デザイン系自己満足ばっかり。
ほっこり:お茶を嗜んでほっこり。
最新コメント
※SPAMが多いのでhttpを含むコメントと英語のみのコメントを禁止しました※
[05/07 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[05/06 ぱるぱる]
[08/29 初見名無し]
[06/25 あ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
az
性別:
非公開
自己紹介:
興味のあるトピックス
 分野は視覚認知。視知覚にがて。
 あと記憶全般。
 カテゴリ (semanticsか?) とかも。
 最近デコーディングが気になる。
 でも基本なんでもこい。
 好奇心は悪食。

好きな作家(敬称略)
 川上弘美
 小林秀雄
 津原泰水
 森茉莉
 レイ・ブラッドベリ
 イタロ・カルヴィーノ
 グレッグ・イーガン
 シオドア・スタージョン
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
PR
<< Back  | HOME |   Next >>
Copyright ©  -- めもめも ...〆(。_。) --  All Rights Reserved
Designed by CriCri / Material by もずねこ
忍者ブログ  / Powered by [PR]